News Topick

持続化補助金(一般型・コロナ型)申請相談受付中!2020年06月15日

持続化補助金とは・・・ 制度名は「小規模事業者持続化補助金」で、小規模事業者(※1)が販路開拓などの事業を取り組む際に活用できる補助金制度です。(公式サイトはこちら:持続化補助金(一般型)(コロナ特別対応型)
制度は、実施したい事業の計画書を作成し、審査・採択を経て活用することができます。
※1小規模事業者=商工業者であって、常時使用する従業員が20名以下(商業・サービス業は5人以下、宿泊業・娯楽業は除く)

【一般型】 ◆補助率および補助金上限額 ・補助率・・・実施したい事業に係る費用の2/3 ・補助上限額・・・50万円 ※補助金は、事業実施が完了し、実績報告をした後に支払われますので、留意が必要です。

◆事業計画の作成はどうすれば… 【STEP①】申請書をダウンロードいただき、具体的な事業内容とその事業に必要な費用を記入
【STEP②】その計画書を伊東商工会議所にご持参ください
【STEP③】商工会議所が計画内容の確認とブラッシュアップのお手伝いをします
【STEP④】申請書が完成 ⇒ 商工会議所が計画確認書を発行
【STEP⑤】日本商工会議所に申込(決算書などの書類を添付)

◆書式ダウンロード
補助金申請の手引き(公募要領)
・申請書 様式1-1(小規模事業者持続化補助金事業に係る申請書
・申請書 様式2-1(経営計画書兼補助事業計画書①
・申請書 様式3-1(補助事業計画書②【経費明細表・資金調達方法】
・申請書 様式5(小規模事業者持続化補助金交付申請書
※様式4は商工会議所が発行するものです

 
【コロナ特別型】
◆持続化補助金「コロナ特別対応型」が創設
(一般型とは別枠になります) 上記の受付が開始されている持続化補助金(一般型)とは別の制度です。申請条件として、以下の3つの内容に合致した事業投資でなければなりません。
◆指定の事業要件(3つのうちいずれか)
●サプライチェーンの毀損への対応
●非対面型ビジネスモデルへの転換
●テレワーク環境の整備
(1)申込期限 ※郵送先は商工会議所ではありません
第1回受付締切日:令和2年5月15日(金)必着 ⇒ 申請締め切り
第2回受付締切日:令和2年6月5日(金)必着  ⇒   〃
・第3回受付締切日:令和2年8月7日(金)必着
・第4回受付締切日:令和2年10月2日(金)必着
(2)補助金限度額:100万円(補助率3分の2)
(3)申請書ダウンロードなど(公式サイト公募要領申請書一覧
(4)確認書の発行:伊東商工会議所が発行します(申請者が作成した申請書と添付書類を確認が必須です)確認書は即日発行ができませんので、各回申請締切り1週間前までに申請内容を商工会議所にご持参いただき申請に係るご相談をお願いいたします。
(5)採択後に概算払を希望する方:伊東市が発行する「売上減少の証明書(伊東市HP)」を添付

◆持続化補助金に事業再開パッケージが拡充 ⇒ 詳細はこちら(経済産業省HP)
・持続化補助金の採択を受けた方が対象となる制度です。持続化補助金の計画内に主体となる事業に加えて、業種別のガイドライン等に照らし合わせ事業を継続するうえで必要最小限の感染防止対策を行う取組へ補助が支給されます。
●参考資料業種別ガイドライン一覧
◆申込・お問合せ ・伊東商工会議所 中小企業相談所
伊東市銀座元町6-11(TEL:0557-37-2500/FAX:0557-35-0637)
ページトップ