News Topick

・月次支援金申請サポート相談受付中!(予約制)2021年06月22日

当所では、申請に必要な事前確認から申請のサポートまでご相談に対応しています。相談は完全予約制となりますので、ご希望の場合は、まず、お電話をお願いいたします。また、一時支援金の申請不備(修正等)のサポートもできますので、ご活用ください。なお、月次支援金の申請は、申請者の顧問先税理士や金融機関でも対応できる場合がありますので、そちらもご検討ください。

◆月次支援金とは・・・
2021年の4月以降に、緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時間短縮営業又は不要不急の外出・移動の自粛により、特に大きな影響を受け、売上が大きく減少している中小法人等および個人事業者等の方が受給できる制度です。月次支援金の給付要件等の詳細は、下記の経済産業省のホームぺージでご確認ください。

◆「月次支援金」申請ホームページ ⇒ こちら
 
◆【事前確認・申請サポートに必要となる書類】
※事前確認は、予約制ですので事前にお電話をお願いします。
(1)一時支援金の入金済みの方  ①一時支援金申請時に発行されているログインIDとパスワード
②申請の対象となる月の売上台帳
③法人の方で決算月が3月~5月の場合
・決算書(法人概況説明書など)
④商工会議所から入手した取引先情報等シート(書式はこちら
⑤月次支援金専用の宣誓・同意書(申請者が自署したもの)
⑥その他(必要になる場合のみ)

(2)一時支援金を受給していない方、申請中の方(申請内容修正も含む)  ①月次支援金マイページ(月次支援金のホームページでログインIDを取得)
②本人確認書類
・個人事業の方:免許証、マイナンバーカードなど
・法人の方:履歴事項全部証明書(発行3か月以内のもの)
③税務署の受付印が押された確定申告書一式(2019年分と2020年分の4月~6月が含まれるもの全て)
④営業確認書類(売上台帳、請求書、領収書、事業用通帳、詳細は当所へお問合せください)
⑤商工会議所から入手した取引先情報等シート(書式はこちら)
⑥月次支援金専用の宣誓・同意書(申請者が自署したもの)
⑥その他(必要になる場合のみ)

◆一時支援金の申請不備に係る相談もご対応できます
一時支援金をすでにご申請された方(5/31締切り)で、支援金事務局から申請内容の修正等に対する相談の対応もしております。

●相談に際して・・・
・事前にご予約が必要です(会議所にお電話ください)
・支援金事務局からの修正等の依頼内容
・一時支援金申請時に発行されているログインIDとパスワード
・修正等に必要な書類(売上台帳、請求書、領収書など)


◆一時支援金とは・・・ 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の向けの「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」を給付が開始されていました。一時支援金の給付要件等は、今後、変更になる可能性がございますので、詳細について下記の経済産業省のホームぺージで掲載内容をご覧ください。

◆公式サイト「一時支援金
ページトップ